column

はじめてのドレス選び。
意外と出てこない、ドレスのこと。

気に入るドレスがなかなか見つからない・・

素敵!と思うドレスはたくさんあって
どれも可愛いのに・・

「なんだかしっくりこない」
「わたしってドレスが似合わない体形なのかな?」

そう思ったことありませんか?

約1000組以上の花嫁のスタイリストをしてきて
その大きな原因として

“お店選び”だと思っています。

日本の結婚式は、自分でドレスショップを選ぶというより
提携しているショップへ案内をされます。

何店舗かある場合もあれば、1店舗だけの場合も。

そこが自分の好みとは限らなくて。

好きなテイストでなければ
どれを着ても「うーん、イマイチ」になります。

この辺りは、アパレルショップと同じ感覚で、

20代ターゲットのスイートなブランドもあれば
コンサバなデザインが多いショップ、
ヴィンテージのセレクトショップ・・

自分の好みや世界観と違うブランドのものって
どれを手に取っても、そこまでときめかない。

逆に、好きなブランドやセレクトショップにはいれば
わー!どれもかわいい!って心踊ったりする。

ドレスもファッション。

お洋服と同じなのに、ウエディングドレスは
会場を決めるとお店まで決められてしまいます。

だから、“しっくり”にたどり着きにくいんです。

お店選びさえ、間違えなければ
好きにたくさん出会える!

ひとりひとり、好きなテイストも違えば
予算も違う、心地よさも違う。

ちゃんとヒアリングして、あなたらしい雰囲気のお店で
気持ちよく楽しくフィッティングしてほしいから

ひとりひとりに合わせて、ドレスショップ選びをしています。

「こちらのドレスショップなら、心躍るドレスが必ず見つかります」
と1店舗に絞って、一緒にフィッティングへ同行しています。

その試着の予約をとる際に、オーナーさんへいろいろと確認。

・花嫁さまのサイズのドレスを用意してほしいこと
サイズが合わない事には、かわいいドレスがあっても
着ることができないので、あらかじめ伝えておきます

・おすすめしたいドレスを
試着の日に用意しておいてほしいことを伝える
ホームページやSNSを見て、これいいかも!というドレスがあっても
試着の日にクリーニングへ行ってしまっていたり
他の花嫁様のフィッティングの使用がはいっていたり・・

ドレスは基本的に在庫が1着しかないことも多いので
いつでも店頭にあるとは限りません。

そのため希望のドレスは、必ず用意してもらえるようにお願いします。
でないと、もう一回出直し・・ということも。

予算の確認
花嫁さまのドレスの予算を伝えています。

そうすることで、試着へいく花嫁さまも安心ですし
ちょっと予算から出るドレスがあった場合はお店の方から
一言いただけることが多いです。

予約する時に、大事にしたいポイントだけしっかり
伝えておきますので、ミスマッチが起きることも少なくなります。

なるべく、ドレス試着時にいろいろな心配や不安なく
安心して、楽しく好きなドレスにたどり着いてほしい。

そう思っています。

今、誰でも情報はたくさん掴むことができて
自分でもたくさんの情報を見ることが簡単にできる時代。

ただありふれた情報の中から、本当の中身を見抜いたり
自分に合ったものを選びきれなかったりします。

だから、ドレス迷子、とか
とりあえず試着、のような方も増えていると思っています。

賢くスマートに好きにたどり着くことって
思っている以上に気持ちがよくって
ドレスが決まってからのスタイリングやフラワー、会場装花・・

などもスムーズに決まっていきます。

とはいえ、迷う時間も楽しい。

この中なら、これなか・・?ではなく

どれもいい!どれも捨てがたい!という嬉しい悩みが増えるように
あなたの好みに合わせて、ご提案させていただきます。

YUKO